FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引き出しが欲しい。

今日の夕方はリトミックのお勉強会でした。

音楽を言葉で説明する時に使う言葉、例えば「明るい・暗い・元気な・なめらかな・ワルツのように・マズルカ風に…」などから自分でいくつかの言葉を選び、その通りになるように即興でピアノを弾きました。

自分の思った通りに弾けばよいのに、難しかったです。弾いてみて気づきましたが、即興演奏をする時には自分のクセが出ますね。「いつもそっちの方に行ってしまう…行きたくなくても」という感じです。特に短調、要勉強。

即興はピアノ演奏だけでなく、身体の動きでもできます(コレオグラフィー)。
おなじみのブルグミュラー「アラベスク」では、左手の動きを足で表現し、右手の動きを手で表現しました。
その次は、ピアノ曲よりもパートの多いオーケストラのスコアを見ながら、音楽に合う動きを二人一組で考え、最後に発表しました。

即興の引き出し、もっと欲しいです。
リトミック、奥深いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

萩本亜矢

Author:萩本亜矢
千葉県木更津市でリトミックとピアノの教室H.I.M.木更津を主宰しております萩本亜矢です。

『いつもおそばに音楽を』を合言葉に、音楽を通した地域の発展のお手伝いができたら幸いです。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。現在、3歳児から70代までの生徒さんにピアノのレッスンをしています。

2013年に出版された『はじめてみよう スキルアップ音楽療法(クオリティケア出版)』に作詞作曲した楽曲が掲載され、2014年4月開校の木更津市立真舟小学校校歌の作曲者に採用されました。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。