FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映像ディレクター・佐藤安南さんの『動画スタートセミナー』

こんにちは。

『いつもおそばに音楽を』
千葉県木更津市・ピアノ教室と音楽療法のH.I.M.木更津の萩本亜矢です。

日曜日は、Eテレ「すくすく子育て」などのTV番組・コンテンツ制作をされている佐藤安南さんと、ネットコミュニケーションアドバイザー の鵜飼絵美さん『動画スタートセミナー』に参加しました。

動画スタートセミナー

「ピアノ講師が、なぜ動画セミナー?」と思われるかもしれませんが、当教室では2013年秋から、大人の生徒募集のためのインタビュー動画やコーチングセミナーのお知らせ動画を作り、公開してまいりました。

その”大人の生徒募集”のために作った動画では、大人の生徒はあまり集まらず(笑)、お子様を習わせたいお母様が動画を見て、「優しそうな先生だなと思って、入会を決めました」と言ってくださったことが何件か続きました。動画の作り方、果たしてこれでよかったのかしらと思ったのが、今回の講座を受講しようと思った動機です。

ブログの文章は、割と真面目な口調なので、もしかしたら堅い印象を与えているかもしれません。動画だと、動きのある顔の表情、声色、教室や講師の雰囲気がそのまま出るので、ブログに比べるとお会いした時のギャップは動画の方が少ないのかなと思います。

動画の使い道としては、生徒募集、イベント告知の他には、普段の生徒さんのレッスンを記録して、ご家族の方が見られるようにするということもできそうです。動画でいろいろと仕事が広がりそうだという、可能性を感じています。

講座では、あるものを使うことで、途端に動画がプロっぽくなると教えていただきました。それを使わない状態の動画と、使った状態の動画を見比べさせていただいたら、全然違う!帰宅してすぐに、そのあるものをポチっと購入しました。

講座の翌日には、Skypeで安南さんに個別コンサルをしていただきました。実は、人生初Skypeです。

安南さんには、事前に私が過去に作った動画を見ていただきました。

撮る前のカメラの準備から、目線の高さ、ピアノに写りこむ物まで視野に入ること、トランジション、BGMの変わり目など、プロの視点で動画のポイントや改善点を教えていただきました。オリジナルのジングルを作ったら、面白そう。

動画ができたら、お知らせしますね。

佐藤安南さん、鵜飼絵美さん、ありがとうございました!

こちらは、佐藤安南さんが作った事業案内動画です。これが、プロのクオリティ。


安南さんに24時間、動画の質問ができるPersonaliTV®プレミアムグループコンサル「本気で動画研究会」も気になっています。





教室ホームページは、バナーをクリックしてください♪

教室バナー
新規の生徒募集は、2015年3月頃のご案内になります。

今日も、応援ポチっと、よろしくお願いします!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村








コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございました!

萩本先生、セミナーのご参加ありがとうございました。
いろいろお持ち帰りいただけたようでなによりです。
先生の熱意は素晴らしく、そこがお教室の生徒さんや保護者様に還元されるのだなあと感じました。
私自身はまったく先生のお役に立ちませんが(笑)、今後もこのようなご縁をご紹介していけたらと思っております。安南さんの「本気で動画研究会」は絶対面白いですよ!

こちらこそ、ありがとうございました!

鵜飼さま

先日は、大変お世話になりました。
初心者の女性向けということもあり、躊躇なく参加できました。
マニアックな方ばかりだったら、ちょっとついていけなかったかも(笑)。
鵜飼先生には、SNSやLINE、メール関係の講座に伺えたらなぁと、ずっと思っています。
また、お会いできるのを楽しみにしております!
プロフィール

萩本亜矢

Author:萩本亜矢
千葉県木更津市でリトミックとピアノの教室H.I.M.木更津を主宰しております萩本亜矢です。

『いつもおそばに音楽を』を合言葉に、音楽を通した地域の発展のお手伝いができたら幸いです。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。現在、3歳児から70代までの生徒さんにピアノのレッスンをしています。

2013年に出版された『はじめてみよう スキルアップ音楽療法(クオリティケア出版)』に作詞作曲した楽曲が掲載され、2014年4月開校の木更津市立真舟小学校校歌の作曲者に採用されました。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。