FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何拍子で泳ぐ?

先日のお習字のブログで思い出したのですが、昔スイミングをやっていた時に、クロールで腕を3回かいて息継ぎしたら3拍子、4回だったら4拍子、6回だったら6拍子と感じて泳いでいました。

3拍子の時は、左右交互に息継ぎをすることになります。4拍子の時は、いつも同じ方向で息継ぎをします。さて、6拍子だったらどうでしょう(笑)?

リトミックをやっている今ですとさらに、息継ぎの間はアナクルシス、1回目の腕が着水する瞬間はクルシスかなと考えます。

スポーツも仕事もリズムってありますよね。生活リズムという言葉もあるくらいですから、それだけ日常とリズムは深い関係があるのだと思います。

月1回、知的障害者の作業所で、音楽療法のアシスタントをやっています。2拍子のステップをしながら歌ったりしますが、リズムが身体に入ってくると、仕事の作業効率も上がるそうです。

民謡はほとんど2拍子で、農業や漁や炭鉱の仕事をしながら生まれた唄。しんどい仕事も唄った方がはかどるし、仲間との息もあったのでしょうね。
スポンサーサイト
プロフィール

萩本亜矢

Author:萩本亜矢
千葉県木更津市でリトミックとピアノの教室H.I.M.木更津を主宰しております萩本亜矢です。

『いつもおそばに音楽を』を合言葉に、音楽を通した地域の発展のお手伝いができたら幸いです。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。現在、3歳児から70代までの生徒さんにピアノのレッスンをしています。

2013年に出版された『はじめてみよう スキルアップ音楽療法(クオリティケア出版)』に作詞作曲した楽曲が掲載され、2014年4月開校の木更津市立真舟小学校校歌の作曲者に採用されました。

最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。